電気通信設備工事担任者とは
電気通信設備工事担任者とは、「電気通信回線」と「端末設備」などを接続させるために必要な資格です。電気通信設備工事担任者は法令で定められた国家資格ですので、電気通信設備工事担任者がたくさん在籍している企業は、信頼性の高い工事をする優良企業として高い評価を得ることができます。そのため情報通信ネットワーク構築を行う企業は、従業員に対し資格取得を積極的に支援する傾向にあります。
電気通信設備工事担任者の役割
上記でも少し触れましたが、電気通信設備工事担任者は、電気通信回線と端末設備などを接続する際に必要な資格で、具体的にはデジタルデータ回線(IPネットワーク、NGN等)、アナログ電話回線を色々な端末設備と接続する工事を行ったり、または監督する役割を担います。

例えば一般家庭でしたら、音楽や動画などの大容量通信を行う光ファイバと端末設備の接続工事や、企業であれば社内のLAN構築のための配線工事などを行います。
資格種別と仕事の範囲
電気通信設備工事担任者の資格には複数の種別があります。以下ではその種別と種別ごとにできる工事の範囲(工事担任者規則第4条(資格者証の種類及び工事の範囲)の規定)について解説致します。※以下の種別の中には旧資格種別も入っております。

資格種別
AI第1種
工事範囲
アナログ伝送路設備と端末設備等を接続する工事。
総合デジタル通信用設備と端末設備等を接続する工事。
旧称
アナログ第1種
工事範囲
アナログ伝送路設備と端末設備等を接続する工事。

資格種別
AI第2種
工事範囲
アナログ伝送路設備に端末設備等を接続する工事。
総合デジタル通信用設備と端末設備等を接続する工事。
※総合デジタル通信回線の数が毎秒64kbit換算で50以下。
旧称
アナログ第2種
工事範囲
アナログ伝送路設備と端末設備等を接続する工事。
※端末設備等に収容される電気通信回線の数が50以下で内線の数が200以下。

資格種別
AI第3種
工事範囲
アナログ伝送路設備と端末設備を接続する工事。
※端末設備に収容される電気通信回線の数が1のもの。
総合デジタル通信用設備と端末設備を接続する工事。
※総合デジタル通信回線の数が基本インタフェースで1のもの。
旧称
アナログ第3種
工事範囲
アナログ伝送路設備と端末設備を接続する工事。
※端末設備に収容される電気通信回線の数が1のもの。

資格種別
DD第1種
工事範囲
デジタル伝送路設備と端末設備等を接続する工事。
※総合デジタル通信用設備と端末設備等を接続する工事を除外。
旧称
デジタル第1種
工事範囲
デジタル伝送路設備と端末設備等を接続する工事。
※アナログ第3種の工事の範囲に属す工事。

資格種別
DD第2種
工事範囲
デジタル伝送路設備と端末設備等を接続する工事。
※接続点のデジタル信号入出力速度が毎秒100Gbit(インターネット接続の回線で、毎秒1Gbit)以下。
※総合デジタル通信用設備と端末設備等を接続する工事を除外。
旧称
デジタル第2種
工事範囲
デジタル伝送路設備と端末設備等の接続工事。
デジタル第3種の工事の範囲に属す工事。

資格種別
DD第3種
工事範囲
デジタル伝送路設備と端末設備等を接続する工事。
※接続点のデジタル信号入出力速度が毎秒1Gbit以下で、インターネット接続回線。
※総合デジタル通信用設備と端末設備等を接続する工事を除外。
旧称
デジタル第3種
工事範囲
デジタル伝送路設備と端末設備を接続する工事
※接続点のデジタル信号入出力速度が毎秒192Kbit以下で端末設備に収容される電気通信回線の数が1のもの。
※アナログ第3種の工事の範囲に属す工事。

資格種別
AI・DD総合種
工事範囲
アナログ伝送路設備またはデジタル伝送路設備と端末設備等を接続する工事。
旧称
アナログ・デジタル総合種
工事範囲
アナログ伝送路設備またはデジタル伝送路設備と端末設備等を接続する工事。

※上記は電気通信国家資格センターより抜粋 https://www.shiken.dekyo.or.jp/charge/revise/point.html
試験の日程
電気通信設備工事担任者の試験は毎年二回(春と秋)行われています。

▼春の試験
試験申し込み受付:2月上旬~3月上旬
試験日:5月下旬
合格発表:6月中旬

▼秋の試験
試験申し込み受付:8月上旬~9月上旬
試験日:11月下旬
合格発表:12月中旬

詳細な受験日や試験の免除申請などに関しては財団法人日本データ通信協会「電気通信国家試験センター」が発行する受験の手引きか、ホームページをご確認ください。
合格率
電気通信設備工事担任者の試験(種別ごと)の受験者数と合格率(平成28年の春の試験)は以下になります。
資格種別:AI第1種
受験者:772人/合格率:34.6%
資格種別:AI第2種
受験者:192人/合格率:22.4%
資格種別:AI第3種
受験者:1,568人/合格率:58.9%
資格種別:DD第1種
受験者:2,826人/合格率:24.4%
資格種別:DD第2種
受験者:251人/合格率:17.5%
資格種別:DD第3種
受験者:5,590人/合格率:42.5%
資格種別:AI・DD総合種
受験者:3,885人/合格率:21.1%
電気通信設備工事担任者の年収
電気通信設備工事担任者の年収は平均で500~600万円です。ただし、資格に対しての評価ということではなく、あくまでも電気通信設備工事担任者としての経験年数が評価されてのものになりますので、資格を取得した直後にいっきに年収が上がるということはありません。
将来性(キャリア形成)
電気通信設備工事担任者のキャリア形成としては2パターンあります。ひとつが管理職への道です。そのためには建設業法電気通信工事業における専任技術者になる必要があり、その専任技術者になるには「電気通信主任技術者」か「技術士」の資格が必要になります。

それぞれの資格取得には経験年数と難関試験を突破するための学習が必要になります。ですので、電気通信設備工事担任者として経験を積みながら地道に勉強して目指すのが一般的です。

あと、もうひとつのキャリア形成としては職人への道があります。電気通信設備工事担任者として専門知識を高めるというのもありますが、ここで言う職人とは、例えば配線のやり方や、配線のつなぎ方など実務で必要な技術力を高めるということです。

また、電気通信設備の工事には電気工事がつきものですので、電気工事士の資格を取得し、電気通信設備工事と電気工事をあわせて行える人材になり、年収を上げている方もいらっしゃいます。

カテゴリ
電気工事士試験問題クイズ
電気工事士試験問題クイズ
電気工事士さんが使う便利な3つのアプリ