応募した後、辞退する時はどうしたらいいですか?

転職活動の基礎・開始編

目次


応募した後に、もう一度求人をよく見てみたら、イメージと違っていた。
応募してみたものの、他社から内定をもらい入社を決めた。
などの理由から、応募した後に辞退する場合も発生すると思います。


その場合は、速やかに企業に連絡を入れましょう。連絡する際には、以下の点に注意してください。


早く連絡する(辞退すると決まった段階で行う)

応募した後に辞退すること自体は、特別なことではなく、何も問題ではありません。


企業の採用担当者の方も、極端に驚いたりすることはないと思います。


ただし、採用担当者にとっては、辞退は残念なことであり、喜ばしいことではありません。そのため、辞退を決めた後の対応は、礼儀・マナーを守って丁寧に行いましょう。まだ面接をしていないとしても、面接の日程が決まっていないにしても、応募が入っている時点で企業の採用担当者の方は、何かしらの対応をされています。既に時間を割いてもらっていることについては、丁寧なお詫びを伝えるようにした方が良いですし、早くに伝えることが採用担当者の為にもなります。「辞退するのは悪い気もするし・・・なんと言ったらいいのだろうか・・・」と、ズルズルと日が経って、連絡が遅れることがないように気をつけましょう。



お詫びを伝える


連絡する際には、メールでも電話でも構いません。辞退の理由については、詳しく聞かれることはあまりありませんが、メールに記載するとしたら、「諸事情により、辞退させて頂くことに決めました。」 「再度、求人を拝見して検討した結果、辞退させて頂くことに決めました。」 「他社への入社を決めた為、・・・」などを文面に使うことが多いです。転職活動は、相手がいて出来ることです。連絡の取り方として、基本的なマナーはしっかりと守っていきましょう。


丁寧な連絡(メールであれば文面)を心がける

▽面接辞退のメール文例

株式会社●●●●
採用担当 ●●●●様

お世話になります。
御社の求人に応募させて頂いております●●●●(ご自身の名前)です。

大変恐れ入りますが、諸事情により●月●日に予定しています面接を辞退させて頂きたく、ご連絡しました。
お忙しい中、日程調整など、お時間を割いて頂きながら辞退となりまして、誠に申し訳ございません。

大変恐れ入りますが、何卒よろしくお願い致します。

●●●●(ご自身の名前)




このページに関連する、オススメ記事
転職しようと思っていますが、何から始めればいいでしょうか?

転職活動の基礎・開始編
40代・未経験で電気工事士に転職、後悔する前に見て欲しい5つの情報

転職活動の基礎・開始編
資格も経験もないですが、会員登録できますか?

転職活動の基礎・開始編
面接時の交通費は支給されますか?

転職活動の基礎・開始編
応募した後、辞退する時はどうしたらいいですか?

転職活動の基礎・開始編
人気の記事ランキング
電気工事士の志望動機を書くための方法と例文

面接・選考編
入社するかを迷う求人。応募しない方がいいですか?

応募編
履歴書は手書きとパソコン、どちらがいいですか?

書類作成編
内定をもらったのですが、入社時期はいつがいいでしょうか?

内定・転職手続き編
第ニ種電気工事士の資格を活かして転職したいです。

企業・求人選び編