面接で気をつけた方がいいマナーは何ですか?

面接・選考編


転職活動の面接で企業を訪問する際に、気を付けるマナーの基本をお伝えします。

1.時間
まず面接時間を守ることは欠かせません。5分前に受付ができるように、会社に到着しましょう。可能であれば、会社付近への到着が15分前、受付するのが5分前と、余裕を持って移動しましょう。「時間を守る = 良い第一印象を作る」 ことにつながります。きちんと、基本を押さえておきましょう。


2.遅刻
そうは言っても、万が一遅刻してしまう時もあるかもしれません。その場合は、すぐに電話で企業に伝えるようにしましょう。仮に遅刻となったとしても、遅刻連絡の時に、丁寧で誠実な対応をすることで、印象が悪くならないようにできます。


3.受付
受付の段階から、面接が始まっていると思いましょう。名前・約束の時間・面接の担当者を伝えて下さい。「例:お世話になります。〇〇〇〇と申します。本日◇◇時に、□□□□様と面接のお約束をしています。」
会社によっては、受付ではなく入室すると、すぐに執務室になっている場合もあると思います。その際も同じように、名前・約束の時間・面接の担当者をお伝えしましょう。


4.携帯
受付の前に、携帯電話をオフにしておきましょう。マナーモードで、着信音・バイブレーションが鳴らないモードにしておく。もしくは、電源を切っておけば確実です。


5.挨拶
面接担当の方にも、すれちがう別の社員の方にも、最初に会った時には、自分から声をかけてあいさつしましょう。「おはようございます」「こんにちは」「よろしくお願いします」と、相手に届く声の大きさで、話してください。また、帰り際は、「ありがとうございました」 「お時間いただき、ありがとうございました」など、お礼のあいさつをして、帰宅しましょう。

基本的なマナーで印象を悪くすると、もったいないですよね。是非、参考にしてください。


このページに関連する、オススメ記事
電気工事士の志望動機を書くための方法と例文

面接・選考編
企業からの面接候補日が全て合わない時、どうしたらいいですか?

面接・選考編
面接日程の変更をお願いしたら、落ちますか?

面接・選考編
面接辞退する時は、理由が必要ですか?

面接・選考編
面接開始前。立ってる?座って待ってる?

面接・選考編
人気の記事ランキング
電気工事士の志望動機を書くための方法と例文

面接・選考編
入社するかを迷う求人。応募しない方がいいですか?

応募編
履歴書は手書きとパソコン、どちらがいいですか?

書類作成編
内定をもらったのですが、入社時期はいつがいいでしょうか?

内定・転職手続き編
第2種電気工事士の資格を活かして転職したいです。

企業・求人選び編