転職しようと思っていますが、何から始めればいいでしょうか?

転職活動の基礎・開始編

目次

転職活動を始める時は、以下の2つのやり方があります。
順に確認していきましょう。

求人を見る

「えっ、いきなり求人を見てもいいんですか!?」と疑問を持つ方もいるかもしれませんが、全く問題ありません。 むしろ、求人を実際に見ていかないと何も始まりません!


「求人を見て、いますぐに応募してください」と言っている訳ではありません。 応募する求人を決めよう!と意気込まなくても、求人を眺めている中で感じる印象や、自分の気持ちがあると思います。 「この仕事、面白そうだな。」 「なんだかいい雰囲気だな。」そんな感想が、初めのうちは重要です。



いろいろな求人を見ていくことで、 「自分は、どういう求人に興味を持つのか」「逆に、どういう求人は興味を持たないのか」が、だんだんと整理されてくると思います。 整理がされてくると、「この求人は自分に合っているな、合ってないな」と判断するのも段々、簡単になってくるものです。 それにより、応募する求人も決まってきます。



また、

求人 = あなたの将来の可能性

とも言えます。「どんな仕事に就くことが出来るのか」 「これまでの経歴を活かせる仕事は何か?」について、具体的に知ることができますよ。



転職の基準を決める

次の始め方は、「転職の基準を決める」ことからスタートする方法です。どなたでも、「転職しようかなと考え始めた」きっかけがあると思います。そのことについて、まずは自分の気持ちをまとめてみましょう。例えば、次のようなことを紙に書き出してみましょう!(紙に書き出してみるのがポイントです。実際にノートや紙に書くことをオススメします。)



「転職を考え出したのはいつ頃か?」
「その頃に考え出したのは、何がきっかけだったか?」
「悩んだ結果、転職を進めることにした決め手は何か?」
「転職することで、得たいものは何か?」
「転職先で、何を一番重視するか?:仕事内容、資格取得、給料、休日休暇、職場雰囲気、勤務地 など」
「逆に、転職先で、そこまで重視しないことは何か?:仕事内容、資格取得、給料、休日休暇、職場雰囲気、勤務地 など」


上記はあくまで一例ですが、これらのことを書く中で、だんだんと「●●の基準を満たす求人で働きたい、応募しよう」と基準が固まってくると思います。 その基準に沿って、求人を見ていくようにしてください。



まとめ

転職活動を始める時は、
求人を見る
転職の基準を決める
のどちらかから始めてください。


どちらの方が良いとか悪いとかの優劣はありません。 いずれにせよ、どちらも行うことになりますし、どちらも繰り返し行うことが必要だからです。



「求人を見るからスタート ⇒ 基準を整理する ⇒ 求人を見る ⇒ 基準を整理する ・・・(繰り返し)」
「基準を決めるからスタート ⇒ 求人を見る ⇒ 基準を整理する ⇒ 求人を見る ・・・(繰り返し)」



最終的に内定を承諾して入社するまでは、これを繰り返し行っていくことになります。ですから、どちらから始めても構いません!!自分自身が始めやすい方から、動き出してください。


このページに関連する、オススメ記事
転職しようと思っていますが、何から始めればいいでしょうか?

転職活動の基礎・開始編
40代・未経験で電気工事士に転職、後悔する前に見て欲しい5つの情報

転職活動の基礎・開始編
資格も経験もないですが、会員登録できますか?

転職活動の基礎・開始編
面接時の交通費は支給されますか?

転職活動の基礎・開始編
応募した後、辞退する時はどうしたらいいですか?

転職活動の基礎・開始編
人気の記事ランキング
電気工事士の志望動機を書くための方法と例文

面接・選考編
入社するかを迷う求人。応募しない方がいいですか?

応募編
履歴書は手書きとパソコン、どちらがいいですか?

書類作成編
内定をもらったのですが、入社時期はいつがいいでしょうか?

内定・転職手続き編
第2種電気工事士の資格を活かして転職したいです。

企業・求人選び編