初心者でもわかる、電験三種の難易度!合格率一桁の試験攻略法

資格  試験  対策 

目次

「電験三種の資格ってどのくらい難しいのかな?」 「電験三種の試験は難しいって聞くけど、なにが難しいのか具体的に知りたい!」


第三種電気主任技術者試験、通称:電験三種の資格試験は、受験資格がないので、どなたでも受験する事が可能です。 就職活動や転職活動、仕事でスキルアップを目指すためにとても有効的な資格なので、「電験三種の資格を取りたい」と考えている方も多いことでしょう。


この記事では皆さんも気になっている、電験三種の難易度や合格率などについてお伝えしていきます。 実際に試験を受けた方からお伺いした体験談もご紹介しますので、今後、資格取得を視野に入れている方は是非参考にしてみてください。



電験三種はレベルの高い難関資格。難易度・合格率をチェック!

知っている方も多いと思いますが、【電験】は【電気主任技術者試験】の略称で、 頭文字の『電』と最後の『験』を取って、通称:電験と呼ばれています。


電験には第三種~第一種まで3つの種類があり、電験三種<電験二種<電験一種と資格のレベルや試験の難易度が上がります。 電験の資格試験は入門編である電験三種をはじめに受験することが一般的です。 電験三種の取得後は、電験二種・電験一種と、上位資格にチャレンジする方もいます。 ここからは電験三種の難易度や合格率について具体的に説明していきたいと思います。


電験三種の試験には、受験資格はありません。

電験三種の資格試験には、学歴や職歴など、必要となる受験資格はありません。 ですから、資格を取りたいと思った方は受験の手続きをすればどなたでも試験を受けることが出来ます。


この資格は発電所や変電所、工場やビルなどの受変電設備や電気設備を、保守・監督するために必要な資格です 。受験者数は毎年4万~5万人で、その中でも、ビル管理・メンテナンス会社、電気工事会社、電力会社に勤めている方が特に多く受験しています。 電気・電力を扱う仕事に就いている方にとってはとても実用的な資格だと言えるでしょう。


受験資格がないので誰でもチャレンジしやすい資格ではありますが、 電気・電力に関する専門的な知識を身に付けなければいけないので、難易度は高そうな試験だと考えられます。



合格できるのはほんの一握り。合格率の推移から見える電験三種の難易度

続いては、電験三種の合格率をもとに、試験の難易度を見ていきましょう。 まずは下記のグラフを見てください。


※【電気技術者試験センター 試験実施状況の推移
※上記の合格率に科目合格者は含まれません。



上記のグラフはH20年度~H30年度までの電験三種の合格率の推移を表したものです。 平均合格率は8.14%と一桁でとても低く、10人に1人しか合格できない試験だと分かります。


専門的な知識が問われる国家資格の試験ですので、勉強時間を上手く取れなかったり、 試験内容に対して理解が浅かったりすると、合格できる可能性は低くなってしまうと考えられるでしょう。 軽い気持ちでは太刀打ちできないような難しい試験ですので、受験を考えている方は十分に対策することが重要ですね。


電験三種は、初めて試験を受けた年から3年以内の取得を目指そう

電験三種の試験は年に1回全国35都道府県で、毎年9月上旬の日曜日に行われています。 試験科目は『理論』『電力』 『機械』『法規』の4科目で、4科目の試験全てに合格すれば電験三種の資格を得ることが出来ます。 試験の結果は科目別に合否が決まり、一部の科目だけに合格した場合は科目合格となって、翌年と翌々年の試験では申請によりその科目の試験を免除することが可能です。 ですから、電験三種の資格取得にチャレンジする方は3年以内に4科目全てに合格することを目指しましょう!


それでは、実際にどんな問題が出題されるのか、試験の中身を覗いてみましょう。

【電験三種の試験内容】

試験科目出題範囲問題数・配点試験時間
理論電気理論、電子理論、電気計測、
および電子計測に関するもの
A問題14問×各5点
B問題3問(選択問題含む)×各10点
90分
電力発電所・変電所の設計および運転、
送電線路(屋内配線を含む)の設計および運用、
並びに電気材料に関するもの
A問題14問×各5点
B問題3問×各10点
90分
機械電気機器・パワーエレクトロニクス・電動機器応用・照明・電熱電気化学・電気加工・自動制御・メカトロニクス並びに
電力システムに関する情報伝達・処理に関するもの
A問題14問×各5点
B問題3問(選択問題含む)×各10点
90分
法規電気法規(保安に関するものに限る)
および電気施設管理に関するもの
A問題10問×各6点
B問題3問×各13~14点
65分

試験問題の解答方式はマークシートに記入する五肢択一方式で、計算問題正誤判定問題穴埋め問題の3パターンの出題形式があります。5つの選択肢の中から正しい解答を選ばないといけないので、特に正誤判定問題には注意が必要です。


合格ラインの目安は各科目60点以上ですが、問題が難しい場合は合格ラインが下げられる可能性があります。 H30年度の試験の場合は、理論:55点/電力:55点/機械:55点/法規:51点でした。過去の電験三種の合格ラインは54点~55点が多いですが、 あくまで目安は60点以上ですので、各科目とも必ず60点以上を獲得できるように対策しておきましょう。




電験三種の攻略方法と勉強時間の目安

先程の電験三種の合格率を見て分かる通り、試験の内容はかなり難しいです。 合格率一桁の試験に合格するには、いったいどんな勉強をすればいいのでしょう? 何時間勉強すれば合格できるのでしょう?ここでは験三種の勉強方法と勉強時間についてお伝えします。


電験三種の勉強時間は1,000時間!?本当にそんなに必要なの?

実際に電験三種の資格試験を受けた方は、「1ヶ月、2ヶ月勉強しただけじゃ受からないよ」 「俺は知識の無いところから始めたから、1,000時間以上は勉強した!」と言っている方もいます。


お話を伺ったときは「1,000時間!?」と耳を疑いました。1,000時間勉強するとなると、1日どのくらい勉強すればいいのでしょう。 仮に1,000時間勉強するとなった場合の勉強スタイルのパターンをいくつか考えてみました。


【平日1時間、休日(土・日)2時間ずつ勉強する場合】
「平日1時間×5日 + 休日2時間×2日」 × 「4週間(1ヶ月間)」 = 36時間/月
36時間×27ヶ月(2年3ヶ月) = 972時間


【平日3時間、休日(土・日)3時間ずつ勉強する場合】
「平日3時間×5日 + 休日3時間×2日」 × 「4週間(1ヶ月間)」 = 84時間/月
84時間×11ヶ月 = 924時間


【平日3時間、休日(土・日)5時間ずつ勉強する場合】
「平日3時間×5日 + 休日5時間×2日」 × 「4週間(1ヶ月間)」 = 100時間/月
100時間×10ヶ月 = 1000時間


もともと持っている電気や電力に関する知識量、覚えるスピード、生活スタイルは人それぞれなので勉強時間に差は出ると思いますが、少なくとも1ヶ月や2ヶ月程度勉強しただけでは合格するのは厳しいと考えられそうです。電験三種の試験には理数系の知識が必要とされるので、まったく知識の無い所から勉強する方や文系の方でしたら、 おそらく中学・高校レベルの数学・理科を基礎から勉強することになるでしょう。もしそうなった場合、やはり1年以上は、 毎日コツコツ勉強して知識をためていく事が大切だと言えます。


別記事でも、電験三種の勉強時間の目安や勉強方法、勉強する上でのコツについて 詳しくまとめていますので、こちらも一緒にご覧になってみてください。


合格者に学ぶ、電験三種の攻略方法

続いては、実際に試験を受けて合格された方の体験談をもとに、電験三種の勉強方法をご紹介していきたいと思います。


【20代・男性】
自分は工業高校の電気科を卒業して、高圧受変電を扱う電気工事会社に就職しました。そこの会社で2~3年働いていたとき、会社の上司に「電験を取ってほしい、費用は会社で持つから」と言われ、電験三種を受ける事に・・・。試験は4科目あるので、まずは全ての科目をまんべんなく勉強し、特に電験三種の基本となる『理論』を集中的に覚えました。「最初の試験はダメもとでも受けてみよう」と思って、試験がある9月までに毎日1時間、休日は5~6時間勉強して、それを半年くらい続けましたね。


初めて受けた試験の結果は、集中的に勉強した『理論』と、ちょっとだけ自信のあった『電力』の2科目に合格し、『機械』と『法規』は落ちました。一発合格は厳しいだろうと覚悟はしていましたが、やっぱり不合格の通知を目にするとちょっと悲しかったですね・・・。しかし次の年の試験では科目免除がきくので、残りの科目に集中して、また勉強を再スタートさせました。2年目の勉強時間は1年目と同じ感じです。結果は『機械』『法規』とも合格。科目免除が有効な3年以内に電験三種を取得出来て、今はホッとしています。自分は科目免除という制度に助けられたので、「勉強期間があまりとれない」「科目ごとに集中して勉強したい」という人は、3年間たっぷり使って電験三種を攻略していけばいいと思います。


【40代・男性】
わたしが電験三種の資格を取るのにかかった期間は丸5年です。当時30代前半だったわたしは、「もし転職するとなった時に、自分を売り込めるような武器を持っておきたい」という思いから電験三種を取ろうと考えていました。その時は工場勤務で、電気とは直接関係のない仕事に携わっていたため、すべて一から電験三種を勉強することに・・・。とりあえず書店で買ったテキストの勉強方法通りに、『理論』⇒『電力』⇒『機械』⇒『法規』の順で勉強を進めていきました。昔から暗記が大の苦手だったので、用語や単位を覚えるのには凄く苦労しましたね。


仕事から帰宅後、毎日2時間、休みは5時間くらいの勉強を1年くらい続けました。試験を受け始めてから3年目・4年目くらいの時には何度も挫折しそうになりましたが、5年目でやっと合格。電験初心者のわたしにとって、合格できるまでの5年間は精神的にも体力的にも厳しかったです。電験三種の勉強について色々アドバイスをくれた先輩も言っていましたが、最初の『理論』の勉強でつまずくと後が大変になるので、しっかり基礎から勉強していくことが大事だと思います。あと、勉強していく科目の順番も、合格に近づくためのカギになるかもしれませんね。


【30代・男性】
電検の試験はやみくもに勉強しても合格できません。試験を受けようと思ってからまずやることは、「試験日まであとどのくらいの期間が残っているか」を確認することです。 その時もし、残り期間が半年を切っている場合は、その年の試験は諦めたほうがいいかもしれませんね。もちろん勉強するスピードや理解力の差にもよりますが・・・。半年かけて急いで詰め込む勉強よりも、次の年の試験までじっくり時間をかけて基礎を固めながら勉強していく方が、より合格に近づきやすいと自分は思います。


【20代・男性】
わたしは電験三種の資格は3年かけて取りました。個人的な意見ですが『理論』と『機械』が特に難しかったです。『理論』についてはさっぱりで、法則・単位記号は学生時代の時に勉強した以来なので結構理解に苦しみましたね。『機械』に関しては範囲が広かったので、暗記するのが大変でした。アドバイスとして言えるのは、最初は4科目まんべんなく勉強していく流れでいいと思いますが、難しいと思った科目は嫌でも後回しにしない事です。科目免除が効く3年間の中で資格を取得したいのであれば、自分が一番苦手としている科目を1年目に合格しておいて、残りの科目は後の2年間で取りにいった方が、後々気が楽になると思いますよ!



==まとめ==
4科目の中の『理論』は電験三種の基礎
じっくり時間をかけて基礎を固めながら勉強していく事が合格への近道
勉強する順番は『理論』⇒『電力』⇒『機械』⇒『法規』
勉強していく科目の順番も、合格に近づくためのカギ
難しいと思った科目は後回しにしない
電験三種は3年間たっぷり使って攻略していく



「転職に有利?」「手当が付く?」電験三種の資格を取る3つのメリット

難易度の高い国家資格である電験三種ですが、資格取得後はどんなメリットがあるのでしょうか。


将来性がある
高圧受変電設備の保安管理は、電気事業法によって規則として定められています。ですから、受変電設備や電気設備を扱う会社にとって、電気主任技術者は無くてはならない貴重な存在なのです。この世界に電気がある限り、電気主任技術者の仕事は無くならないと言っても過言ではないでしょう。



転職活動・就職活動に有効的
電験三種は合格率が一桁台のレベルの高い国家資格なので、試験に合格して資格を取れば、自分の持っている知識や技術を証明できる武器になります。例えば企業の面接の時に、「電験三種の資格を持っています。今後は経験を積みながら、電験二種や電験一種などの上位資格も取得していきたいと考えています。」というような意欲をアピールすれば、企業側に好印象を与えることが出来て、就職・転職の成功へ近づけるかもしれません。



資格手当がつく・給料がアップする
電験三種のようなレベルの高い国家資格を持っていれば、必然的に会社からの評価は高まっていくと考えられます。 資格があることで給料がアップしたり資格手当がついたりする可能性も上がるでしょう。ただし、実務経験があるか・ないかで金額は大きく変わってくると思うので、 資格取得後は学んだ知識を活かして実務経験を積んでいくことが大切だと言えます。


電験三種を取るには多くの知識を身に付けなければいけないので、長期戦になる事は覚悟しておかなければなりません。しかし、辛い時期を乗り越えて資格を取得出来た後は、上記のような嬉しいメリットがたくさん待っていますよ!また工事士.comでは、第三種電気主任技術者を募集している企業様の求人情報も掲載しておりますので、興味のある方は是非覗いてみてください。



まとめ

いかかでしたでしょうか?

今回は電験三種の難易度や合格率・勉強方法などについてお伝えしてきました。今後、電験三種を取得しようと考えている方は、必ず試験勉強の壁にぶち当たる事でしょう。

そんなときは、是非この記事で読んだ情報を少しでも参考にしていただければ嬉しいと思っています。あなたの合格を応援しています!

またこの記事を読んで、「電験2種の難易度も気になるな~」と思った方は、
是非こちら⇒『電験2種の難易度・合格率』もチェックしてみてくださいね!

「電気主任技術者(電験)」に関する、ほかの記事
【電験三種】勉強時間の目安と、初心者のための勉強方法
資格  試験  対策 
【電気主任技術者の仕事】電験三種を取ったらどんな働き方が出来る?
資格  給与  転職・就職  仕事内容 
【電気主任技術者の年収】電験って、ぶっちゃけ稼げるの?
給与 
【電験2種】試験の難易度・合格率、今後の需要はあるのか?
資格  試験  仕事内容 
人気の記事ランキング
第二種電気工事士の技能試験・実技対策/勉強前に、今すぐテキスト購入!
電気工事士  試験  対策 
電気工事施工管理技士の難易度・合格率|1級と2級の差を比較
資格  試験  対策 
消防設備士の難易度・合格率/試験の『難所』を解説
資格  経験  対策 
工事担任者の難易度・合格率を比較!【電気通信】
資格 
第二種電気工事士の免状/申請期限なし、交付に1ヶ月、書類の書き方
第二種電気工事  資格 
電気工事士試験問題クイズ
電気工事士試験問題クイズ
]EҁE̗pƂ̐