知りたい!電気工事士のあれこれ~給料・年収アップ編/持っていて損なし!資格を取ろう~

電気工事士  資格  給与  待遇 

「給与を上げるためには一歩一歩の積み重ねが大事」と別の記事で申しましたが、じゃあ具体的にどうすればいいんだよ!と思いますよね。給与・年収アップを実現するには、以下3つのアプローチ方法があると言われています。
■ 資格を取得する
■ 経験を積む
■ 環境を変える
今回は「資格を取得する」についてご説明いたします!

持っていて損なし!積極的に資格を取ろう!

資格を取得すれば、できる仕事の範囲が広がるため、積極的に取得することがお勧め!仕事の幅が広がれば給与アップにつながります。現在見習いとして働いている人は、「第2種電気工事士」を取得しましょう。手元作業以外の配線工事などに携われるようになります。持っていて当たり前!と言われる資格なので、ぜひ挑戦していただければと思います。
現在「第2種電気工事士」を持っている人は、「第1種電気工事士」を取得しましょう。取り扱える電圧の大きさが増え、工事できる電気設備の幅が広がります。さらに、電気工事施工管理技士や電気主任技術者などの資格を取得できれば、監督や管理者として仕事ができるようになります。積算や図面作成など全ての工程に携われるようになるため、将来独立を目指しているという人は、ぜひ資格取得に励んでみてください!

資格手当やお祝い金の支給で給与・年収がアップ可能!

中には、「資格手当」や「資格取得お祝い金」というものを支給している企業様もいます。持っている資格や会社によって金額はまちまち。2種と1種では金額に倍以上の差が出るケースもあります。一般的には2種で平均2,000円~10,000円、1種で平均4,000円~20,000円(2種・1種共に月額)を支給されているようです。工事士.comに掲載していただいた企業様だと、2種で5,000円や10,000円、中には30,000円を支給している企業様もいらっしゃいました。もちろん、1種や施工管理技士の資格となると20,000円や50,000円を支給とさらに金額は上がります。このような国家資格に限らず、高所作業車などの免許に対しても手当を支給している企業様もいますので、必要だと思う資格・免許は持っていて損なしですね。
手当と別途に資格取得お祝い金を支給されている企業様も多数います。こちらも取得した資格・会社により金額は様々。5,000円や10,000円のお祝い金支給!という企業様もいれば、50,000円や10万円支給!という嬉しい金額を支給している企業様もいるほど。会社によりけりですが、資格・免許取得が給与・年収アップを目指す近道ともいえるでしょう。
「電気工事士の仕事・転職」に関する、ほかの記事
電気工事士って何?
電気工事士  仕事内容 
電気工事士になるには?【3つの方法と手順】
電気工事士  無資格  未経験  転職・就職 
【向いてる?向いてない?】電気工事士ってこういう人が活躍中!
電気工事士  活躍 
知りたい!電気工事士のあれこれ~給料編~
電気工事士  給与  分野 
電気工事士の休みは?土日って休める?仕事環境をリアルに確認
電気工事士  現場  職場環境 
人気の記事ランキング
第二種電気工事士の技能試験・実技対策/勉強前に、今すぐテキスト購入!
電気工事士  試験  対策 
電気工事施工管理技士の難易度・合格率|1級と2級の差を比較
資格  試験  対策 
消防設備士の難易度・合格率/試験の『難所』を解説
資格  経験  対策 
工事担任者の難易度・合格率を比較!【電気通信】
資格 
第二種電気工事士の免状/申請期限なし、交付に1ヶ月、書類の書き方
第二種電気工事  資格 
わたしたち工事士.comは、『電気設備業界での資格取得や転職を目指す方』を応援するwebサイトです。無料登録していただくと、資格情報・転職情報をお届けします。
会員登録
電気工事士試験問題クイズ
電気工事士試験問題クイズ