第二種電気工事士の免状/申請期限なし、交付に1ヶ月、書類の書き方

第二種電気工事  資格 

第二種電気工事士の筆記試験・技能試験に合格した方、おめでとうございます!合格発表前の方も楽しみですね。


試験合格のハガキが手元にある方でしたら、今直ぐに免状申請をすることができます。免状の申請に期限はありません。ただ、免状がなければ実際に工事をすることはできませんし、急いで免状を取得しようと思っても、1ヶ月ほどは必要です。


合格発表後は申請窓口も混雑するので、なるべく早く申請書類を用意して、手続きを済ませてしまいましょう!

この記事では、免状申請に必要な書類の準備方法や、実際の手続き方法について、一通りお伝えします。「記事に書かれている手順で進めて頂ければ、迷わずに申請手続きができます。


「免状の申請って、いつどこで何するの?」
「免状申請するの、めんどうくさい」
「念の為、もう一度確認しておきたい」


といった方は、是非参考にしてください。



目次


1.【試験合格 → 免状申請 → 免状取得】の流れ・スケジュール<Q&A形式>

「Q:免状の申請は、いつから出来ますか?」
「Q:免状の申請に期限はありますか?」
「Q:免状の申請窓口はどこですか?」
「Q:免状の申請窓口はどこですか?」

2.具体的な、書類準備~申請完了までの手順・方法


3.免状申請に必要な書類の、記入方法・注意点


4.申請窓口への提出


 

1.【試験合格 → 免状申請 → 免状取得】の流れ・スケジュール<Q&A形式>

まずは、免状申請の流れや気になる点を確認していきましょう。以下、Q&A形式でポイントをざっと、確認してください!


Q:免状の申請は、いつから出来ますか?

電気工事士試験の合格ハガキを持っている方は、今直ぐに、申請手続きが可能です。急いでいる方は、必要書類をあらかじめ全て用意しておけば、合格ハガキが届いた直後に、手続きができます。



Q:免状の申請に期限はありますか?

申請期限はありません。(第2種、第1種、共通)

ただし、免状がなければ、資格を必要とする工事をすることはできません。転職活動では面接の際などに、免状の提示やコピーが必要となる場合もあります。


また、試験の合格発表後は、申請窓口も混雑するので、合格ハガキを受け取ったら、なるべく早く、手続きを済ませるのがオススメです。申請手続きまで時間が空く方は、合格ハガキを大切に保管しておきましょう。合格ハガキがないと、申請できません。



Q:免状の申請窓口はどこですか?

申請窓口は、都道府県毎に設置されています。住民登録している都道府県で行います。詳しくは、「2-1.住民票のある都道府県を確認する」をご覧ください。



Q:申請してから、どのくらいで免状が届きますか?

申請書類に不備がなければ、申請してから約1ヶ月で、手元に届きます。

免状は、簡易書留で自宅に郵送されてきます。申請者が多い場合など、状況によって、前後することもあります。



Q:免状に有効期限はありますか?

第二種電気工事士の免状に、有効期限はありません。一度取得した免状は、その後、使い続けることができます。

第一種電気工事士の場合、有効期限は5年毎です。免状の更新には、「講習の受講と更新手続き」が必要です。



Q:申請は窓口への提出ですか?郵送ですか?

申請書類の提出は、窓口へ持参する方法も、郵送する方法も可能です。(郵送不可の都道府県もあります)

可能であれば、持参をオススメします。提出書類に不備があった場合に、その場で訂正することができるからです。郵送して不備があった場合、その分だけ、免状取得のタイミングが遅くなってしまいます。



  

2.具体的な、書類準備~申請完了までの手順・方法

■2-1.住民票のある都道府県を確認する

ここからは、具体的な申請完了までの手順・方法を確認していきます。まず、電気工事士の免状の申請は、住民登録している都道府県の申請窓口で行います。

「現在住んでいる都道府県」ではなくて、「住民登録している(住民票がある)都道府県」です。住民票のない都道府県では、申請はできませんので、ご注意ください。

また都道府県によって、申請に必要な書類や書式(フォーマット)などにも違いがあります。その為、住民票のある都道府県を確認してから、申請の準備をスタートしましょう


■2-2.都道府県の窓口で、必要書類を確認する

住民票のある都道府県が分かったら、申請手続きに必要な書類を確認しましょう。次の1~5が、申請に必要な書類です。一部、都道府県によって違いもあるので、気を付けてください。


▽申請に必要な書類
1.電気工事士の免状交付の申請書(A4・1枚)
2.試験合格はがきの原本(養成施設を修了されている場合のみ、養成施設修了証明書)
3.写真2枚
4.申込手数料:5,200円
5.住民票


▽都道府県によって異なることの例
・申請書の書式(フォーマット)は、都道府県によって異なります。必ず申請する都道府県の書式を利用しましょう。
・申込手数料は、現金を必要とする都道府県もあれば、収入証紙を必要とする都道府県もあります。
・郵送申請が可能かどうか、都道府県により異なります。 ・住民票は、必須とする都道府県もあれば、必須でない都道府県もあります。
・免状送付用封筒が必要な都道府県もあります。(申請者(あなた自身)に免状を送付するための封筒です)


このように、都道府県によって違いがあるため、都道府県の窓口(web上でOK)での確認が必要です。申請する都道府県窓口の、最新情報で、必要書類を確認するようにして下さい。都道府県別の窓口は、「4-2.参考:各都道府県の申請窓口一覧」にまとめています


■2-3.住民票のある都道府県が分からない場合の対処

住民票のある都道府県が、ぱっと分からない場合は、以下を参考にしてみて下さい。


▽住民票が分からない場合の対処
以下、住民票がある都道府県の判断例です。
・住民税を納付している都道府県
・マイナンバーを登録している都道府県
・免許証を発行した都道府県(免許証に住所記載あり)
・国民健康保険に入っている場合、加入している都道府県(勤め先から渡されているのは、社会保険)
・本籍地の役所で、現在の住民票を確認できます
・(転居したことがない方、同じ県内のみで転居している方)現住所に、住民票がある可能性が高いです

 

3.免状申請に必要な書類の、記入方法・注意点

申請先の都道府県が分かったら、早速、書類の準備を始めましょう。以下、主な記入方法・注意点などを取り上げています。(2018年度時点の情報です。詳しくは、申請先の都道府県窓口で最新情報をご確認ください。)


■3-1.電気工事士免状交付の申請書

・必ず、申請先の都道府県の書式を使いましょう。web上でダウンロードできます。
・日付欄 : 申請書への記入日、あるいは申請日(窓口への提出日)を書きます。郵送申請の場合は、郵送日。
・住所欄 : 住民票と一致する住所を記入します。
・氏名欄 : 住民票と一致する文字で、楷書(かい書)で記入します。(旧字体など、統一する)
・上記以外の記入事項 : 生年月日、勤務先または日中の電話連絡先
・その他、各窓口で公表されている記入方法に従ってください


▽免状交付の申請書

(2018年度時点・東京都の申請書です

■3-2.試験合格はがきの原本

・申請手続きに、合格はがきは必須です。
・合格発表後も、はがきが届かない場合は、試験センターにお問い合わせください。
・申請時には、『原本』を提出します。
・合格はがきに有効期限はありません。
(忘れないうちに、なるべき早く申請するのが良いです


■3-3.写真(2枚)

・「縦4cm × 横3cm」
・6ヶ月以内に撮影されたもの。
・裏面に、氏名を記載。
・費用 : スピード写真600円~1,000円、写真館1,500円


■3-4.手数料(現金、収入証紙)

・申請手数料 : 5,200円
・現金、あるいは、収入証紙で支払い。
(収入”印”紙と異なります)
申請先の都道府県の収入証紙を購入する。(他の都道府県や、市のものは不可)
・収入証紙の購入場所は、各都道府県のweb上でご確認ください


■3-5.住民票

・住民票が必要かどうかは、各都道府県のweb上でご確認ください。
・住民票がある役所で、住民票を発行します。
・費用 : 1通300円前後 (市区町村により異なります)
(東京都での申請の場合、住民票は不要です。住民基本台帳ネットワークに接続した専用端末を使い、窓口にて所在確認ができるためです。ただし、東京都でも、臨時窓口での申請の場合には、住民票を使っての確認となるため、必須です。
このような注意点は、web上に公表されていますので、申請先の都道府県窓口で最新情報を確認するようにしましょう。)

 

4.申請窓口への提出

申請書類の準備が出来たら、実際に窓口に提出に行きましょう。また、参考情報として、各都道府県の申請窓口も一覧にしておきます


■4-1.提出時の注意

・受付日、時間、窓口の場所を確認しておきましょう。
・技能試験の合格発表直後は、混雑することが多いです。時間にゆとりを持っておきましょう。
・合格発表直後は、臨時窓口がある場合もあります。
・郵送申請が可能かどうかは窓口のweb上から、ご確認ください


■4-2.参考:各都道府県の申請窓口一覧

・各都道府県にある申請窓口を、1ヶ所のみ載せています。
・都道府県内に複数の申請窓口がある場合、地域別に申請窓口が分かれている場合もございます。
・申請窓口は、変更されることがあります。

※最新の申請窓口、最適な申請窓口については、都道府県庁や関係機関にて、最新情報をご確認ください。



▽北海道・東北
・北海道  「北海道胆振総合振興局 産業振興部 商工労働観光課 指導保安係」
 〒051-8558 室蘭市海岸町1丁目4番1号 むろらん広域センタービル4F / 0143-24-9591
  http://www.iburi.pref.hokkaido.lg.jp/ss/srk/sh/denkikoujisi.htm
・青森県  「一般財団法人東北電気保安協会 青森事業本部」
 〒030-0947 青森市浜館二丁目13-1 / 017-743-0298
  http://www.t-hoan.or.jp/010_toppage/010_85_aomoridiploma/010_85_01_aomoridiploma/aomoridiploma.html
・岩手県  「岩手県総務部総合防災室防災消防担当」
 〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1 / 019-629-5556
  http://www.pref.iwate.jp/anzenanshin/bosai/kayaku/002529.html
・宮城県  「社団法人日本電気協会 東北支部」
 〒980-0021 宮城県仙台市青葉区中央2-9-10 セントレ東北ビル8階 / 022-222-5577
  https://www.pref.miyagi.jp/soshiki/syoubou/dennkikoujisimennjonishu.html
・秋田県  「産業労働部 地域産業振興課」
 〒010-8570 秋田県秋田市山王四丁目1番1号 / 018-860-2241
  https://www.pref.akita.lg.jp/pages/archive/632
・山形県  「危機管理課 消防救急・保安担当」
 〒990-8570 山形市松波二丁目8-1 / 023-630-2229
  https://www.pref.yamagata.jp/online_ymg/sinsei/bk/bksb001.html


▽関東
・東京都  「東京都 環境局 環境改善部 環境保安課」
 〒163-8001 東京都新宿区西新宿2−8−1 都庁第二本庁舎20階北側 / 03-5388-3541
  http://www.kankyo.metro.tokyo.jp/safety/license/electric/process_02.html
・神奈川県  「神奈川県電気工事工業組合」
 〒231-0034 横浜市中区三吉町4-1 / 045-251-4671
  http://www.pref.kanagawa.jp/docs/a2p/cnt/f5050/p14975.html
・埼玉県  「埼玉県電気工事工業組合」
 〒331-0813 さいたま市北区植竹町1-820-6 埼玉電気会館 / 048-663-0242
  https://www.pref.saitama.lg.jp/a0403/youshiki/d-menjo.html
・千葉県  「千葉県電気工事工業組合」
 〒260-0005 千葉県千葉市中央区道場南1-9-15 / 043-224-6086
  http://www.chidenko.jp/menjou.html
・茨城県  「茨城県 防災・危機管理部 消防安全課 産業保安室」
 〒310-8555 茨城県水戸市笠原町978-6 / 029-301-3594
  http://www.pref.ibaraki.jp/seikatsukankyo/shobo/sangyo/info/sangyohoan/infomachion/2denki/2denki.html
・栃木県  「栃木県電気工事業工業組合」
 〒320-0056 宇都宮市戸祭4-14-31 / 028-622-1931
  http://www.pref.tochigi.lg.jp/f02/work/kyoka/shigoto/dennki3.html
・群馬県  「群馬県電気工事工業組合本部」
 371-0855 前橋市問屋町1-8-4 / 027-251-5016
  http://www.pref.gunma.jp/05/a5510066.html


▽甲信越・北陸
・新潟県  「新潟県電気工事工業組合及び各支部」
 〒951-8068 新潟市中央区上大川前通6番町1203  / 025-229-1587
  http://www.pref.niigata.lg.jp/sangyoshinko/1192724148319.html
・富山県  「富山県 生活環境文化部 環境保全課 ガス火薬保安係」
 〒930-8501 富山市新総曲輪1番7号 / 076-444-3142
  http://www.pref.toyama.jp/cms_sec/1706/kj00014498-001-01.html
・石川県  「石川県電気工事工業組合」
 〒921-8062 金沢市新保本4丁目65番22 / 076-269-7880
  http://www.pref.ishikawa.lg.jp/bousai/shoubou/shinsei/menjo/denki2.html
・福井県  「福井県庁内 地域産業・技術振興課」
 〒910-8580 福井市大手3丁目17番1号4階 / 0776-20-0370
  http://www.pref.fukui.lg.jp/doc/chisangi/denki/denkikoujisi-reihoku.html
・山梨県  「山梨県電気工事工業組合」
 〒400-0851 山梨県甲府市住吉1-1-11 / 055-222-5711 
  http://www.pref.yamanashi.jp/shobo/hoan/denki/madogutihenkou.html
・長野県  「県地域振興局商工観光課」
 〒380-0836 長野市大字南長野南県町686-1 / 026-234-9528
  https://www.pref.nagano.lg.jp/mono/sangyo/shokogyo/sangyohoan/sangyohoan/shinsesaki.html


▽東海
・愛知県  「愛知県防災局 消防保安課 産業保安室 電気・火薬グループ」
 〒460-8501 名古屋市中区三の丸3-1-2 / 052-954-6199
  https://www.pref.aichi.jp/site/denki-subsite/menjou-2syukoufu01.html
・静岡県  「経済産業部商工業局商工振興課」
 〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6 / 054-221-2512
  https://www.pref.shizuoka.jp/sangyou/sa-510/denki_sinsei/denkikoujisi.html
・岐阜県  「岐阜県消防課予防保安係」
 〒500-857 岐阜市薮田南2-1-1 / 058-272-1111
  http://www.pref.gifu.lg.jp/kurashi/shobo/denkikoji/11193/koujishi2-shinsei.html
・三重県  「防災対策部 消防・保安課 予防・保安班」
 〒514-8570 三重県津市広明町13番地 / 059-224-2183
  http://www.shinsei.pref.mie.lg.jp/navi2/procInfo.do?fromAction=2&govCode=24000&keyWord=16&procCode=959


▽近畿
・大阪府  「大阪府電気工事工業組合本部」
 〒531-0074 大阪市北区本庄東2丁目3番38号 大阪府電気工事技術会館2階 / 06-6225-8192
  http://www.pref.osaka.lg.jp/annai/menkyo/detail.php?recid=2718&sin_recid=8569
・兵庫県  「企画県民部災害対策局産業保安課」
 〒650-8567 兵庫県神戸市中央区下山手通5-10-1 / 078-362-9828
  https://web.pref.hyogo.lg.jp/sr12/pa19_000000019.html
・京都府  「京都府庁災害対策課(1号館6階)又は各京都府広域振興局担当窓口」
 〒602-8570 京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町 / 075-414-4471
  http://www.pref.kyoto.jp/shobo/koujishi-02-2shu.html
・滋賀県  「滋賀県電気工事工業組合」
 〒525-0041  滋賀県草津市青地町 299 番1号 / 077-562-2069
  http://www.pref.shiga.lg.jp/shinseisho/cl00b/shinseisyo.html
・奈良県  「奈良県電気工事工業組合」
 〒630-8124 奈良市三条桧町29番地3号 / 0742-35-8100
  http://www.pref.nara.jp/47333.htm
・和歌山県  「和歌山県電気工事工業組合」
 〒640-8415 和歌山市岡山丁36番地 / 073-424-3292
  https://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/011600/syoubou/sangyou/den.html


▽中国・四国
・鳥取県  「鳥取県電気工事業工業組合」
 〒680-0804 鳥取市田島648 タナカビル1階 / 0857-24-9213
  https://www.pref.tottori.lg.jp/70167.htm
・島根県  「島根県電気工事工業組合」
 〒690-0884 松江市南田町125-45(株)島根電設会館内 / 0852-21-7433
  https://www.pref.shimane.lg.jp/industry/syoko/sangyo/denki/si/
・広島県  「広島県 商工労働局 イノベーション推進チーム 計量検定グループ」
 〒730-8511 広島市中区基町10-52 / 082-513-3336
  https://www.pref.hiroshima.lg.jp/site/dennkikouzisi/1168479788819.html
・岡山県  「岡山県庁消防保安課保安班」
 〒700-8570 岡山市北区内山下2-4-6 / 086-226-7296
  http://www.pref.okayama.jp/page/detail-58579.html
・山口県  「山口県 商工労働部 商政課 産業資源班」
 〒753-8501 山口市滝町1番1号 / 083-933-3155
  http://www.pref.yamaguchi.lg.jp/cms/a16100/sangyo/denki1.html
・徳島県  「徳島県電気工事業工業組合」
 〒770-0942 徳島県徳島市昭和町3丁目35-2 / 088-622-7377
  https://www.pref.tokushima.lg.jp/jigyoshanokata/sangyo/shokogyo/2015062500274
・香川県  「香川県危機管理総局危機管理課」
 〒760-8570 香川県高松市番町4丁目1番10号 / 087-832-3190
  http://www.pref.kagawa.lg.jp/content/dir2/dir2_8/dir2_8_4/yhbi06150306193018.shtml
・愛媛県  「愛媛県庁県民環境部防災局消防防災安全課保安係」
 〒790-8570 松山市一番町4-4-2 第一別館3F / 089-912-2320
  http://www.pref.ehime.jp/sinsei/data/kenmin/005/005031/005031.html
・高知県  「高知県電気工事業工業組合」
 〒780-8031 高知市大原町87-8 / 088-832-7822
  http://www.pref.kochi.lg.jp/soshiki/010301/dennkikouji712.html


▽九州・沖縄
・福岡県  「福岡県商工部工業保安課高圧ガス電気係」
 〒812-8577 福岡市博多区東公園7番7号 / 092-643-3439
  http://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/kouho46.html
・佐賀県  「佐賀県電気工事業工業組合」
 〒849-0925 佐賀市八丁畷町11番8号 三階 / 0952-31-2030
  http://www.pref.saga.lg.jp/kiji00326688/index.html
・長崎県  「長崎県電気工事業工業組合」
 〒852-8016 長崎市宝栄町23番23号 / 095-862-1975
  https://www.pref.nagasaki.jp/bunrui/shigoto-sangyo/sangyoshien/denkikojishi/denkikoujishi/
・熊本県  「熊本県電気工事業工業組合」
 〒862-0951 熊本市中央区上水前寺2丁目16-16 / 096-382-2171
  http://www.pref.kumamoto.jp/kiji_263.html
・大分県  「大分県電気工事業工業組合本部」
 〒870-0943 大分市片島440番地の2 大分電気工事会館2階 / 097-568-2146
  http://www.pref.oita.jp/soshiki/14200/denkikoujisi.html
・宮崎県  「危機管理局消防保安課」
 〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号 / 0985-26-7928
  http://www.pref.miyazaki.lg.jp/kiki-shobohoan/kense/shinse-todokede/0302020.html
・鹿児島県  「産業立地課管理調整係」
 〒890-8577 鹿児島市鴨池新町10番1号 / 099-286-2965
  http://www.pref.kagoshima.jp/af03/sangyo-rodo/syoko/denki/kozishi/e0307.html
・沖縄県  「沖縄県電気工事業工業組合」
 〒900-0024 沖縄県那覇市古波蔵4丁目12番7号 / 098-855-5230
  http://www.pref.okinawa.lg.jp/site/shoko/seisaku/kiban/denkikoujisimenjousinseisaki.html




まとめ

第二種電気工事士の免状申請の方法をお伝えしました。用意する書類が複数あり手間ですが、順を追って確認していけば、問題なく進めていけます。

やり方が分からなくなった時などは、再度、記事を読んでご確認ください!



「電気工事士の資格・試験」に関する、ほかの記事
電気工事士って何?
電気工事士  仕事内容 
第二種電気工事士の難易度・合格率/勉強時間と方法まで
電気工事士  第二種電気工事  第一種電気工事士  資格 
第二種電気工事士の試験問題と本番までの流れ・勉強方法
電気工事士  第二種電気工事  資格  試験 
第二種電気工事士の資格【オススメ理由6つ】一発合格できる難易度
第二種電気工事  資格  試験  仕事内容 
第二種電気工事士の技能試験・実技対策/勉強前に、今すぐテキスト購入!
電気工事士  試験  対策 
人気の記事ランキング
電気工事士の大変なこと、聞きました「5つの苦労と心構え」
電気工事士  現場  職場環境  仕事内容 
第二種電気工事士の技能試験・実技対策/勉強前に、今すぐテキスト購入!
電気工事士  試験  対策 
消防設備士の難易度・合格率/試験の『難所』を解説
資格  経験  対策 
工事担任者の難易度・合格率を比較!【電気通信】
資格 
第二種電気工事士の免状/申請期限なし、交付に1ヶ月、書類の書き方
第二種電気工事  資格